スキー・スノボ

スキーで初心者の気持ち。なぜ怖い?間違った克服法は危険!

投稿日:2017-09-02 更新日:

スキー怖くない

初心者にとってなぜ、スキーは怖いのか?

怖いというのは大切な感覚です。

間違った方法で怪我をしてはもともこもありません。

正しい克服法を知って楽しく安全にゲレンデを滑りましょう!!
→初心者スキー講座はコチラ

スポンサーリンク
  
 

スキー初心者の気持ち。なぜ怖い?間違った克服法は危険!!

スキーが怖い!!初心者の時、誰もが感じる感覚です。

上手い人はスイスイ滑っているのに、あんなに早く滑るのは無理!!と思うかもしれません。

この怖い気持ちはとても大事な感覚なのと、無理はないのです。

普段の生活の中で滑る事って殆どないですよね!

というか滑らないように私たちは生活しています。

たとえば、受験とか…

っとゴメンなさい^^;

雪道は滑らないように...とかお風呂のタイルで滑らないように...とか、

バナナの皮に乗らないように...とか^^;

これが、滑るのが当たり前の状況にはすぐになりません。

そこで、早く上手くなりたい人が、最初にやってしまうこととしては、

「怖い気持ちにフタをすること!」です。

とにかく、スキーは気合だ!!滑っているうちに慣れてくる。

ってどこかのスパルタな先生はいうかもしれませんね!

その場は滑れた!!俺にもできた!!行ける!!と思うかもしれませんが、

これは大変危険な行為です。

初心者の頃はスピードがそれほど出ていないので、レッスン中には怪我はないかもしれません。

でも、将来的にこの感覚で進めていくと、怖い感覚がにぶってしまい、

いつか怪我をするときが出てきます。

なので、この怖い気持ちと上手に付き合っていく必要があるのです。

 

スキーが怖い時の克服法

突然ですが、なぜ私たちは怖がるのでしょう?

例えばお化け!!

なぜ怖いのか...って得体が知れないからですよね!!

暗い中で、よくわからないものがバンッ!!って出てきたら、チョー怖いです。

でも、真っ昼間にゆっくり現れれば、ハァ~(*´Д`)っていうくらいだと思います。

 
お化けではなくても、田舎から出てきて初めての東京も怖いかもしれません。

どんな電車にのればいいのか?怖いお兄さんに捕まらないか...

これも、初めての東京が得体がしれないからです。

色々しらべて徐々に克服していけば当たり前になります。

 
というわけで、スキーが怖いのも、無理はありません。

このスピードで何が起きるか予想がつかないからですね。

でも、限りなくゆっくり滑って行けば、滑った結果がどうなるか予想つきますよね!

この速度が最適な速度になります。

この速度を超えて滑ってはいけないのです。

と言うと、次に出てくるのが、

「だって出したくないけど、速度が出ちゃうんだもん・・・(*´з`)」

というのもあるかもしれません。

これは、だいたいの場合ですが、なぜか、初心者ほど、斜面を真下に滑りたがります。

初心者は斜面の下見たら怖いでしょう???

と思うのですが、スキーのイメージが下に滑るのが強いからでしょうね!!

「斜面は斜めに滑るもの!!

と覚えてください。

このページのイメージ写真も斜めに滑っていますよね!!

まっすぐ下る滑り方がないわけではないですが、

速度が出てしまうのを、まっすぐ下に、スキー板でガリガリ引っかきながら下っても、

滑ったと言うよりも、ズレ落ちたという感覚になって、全然面白くないと思います。

膝も疲れてしまいます。

 
スキーは滑るものなで、ズレ落ちる感覚はやめましょう!!

というと、今度は

「斜面が端まで行ったら突っ込んじゃうじゃん!!(@_@)

と言われてしまいそうですね。

大丈夫です。曲がれなかったら、一度止まっていただき、

「キックターン」を使ってから回ってっください。

止まって回る方法なので、平地で十分練習できます。

どういうものかは下のyoutube動画を見てみてください。

これを使うと、時間はかかりますが、だいたいの斜面で降りてくることができます。

さすがに時間はかかるので、あまり急斜面はお勧めできませんが^^;

あとは、できるだけ、斜面が広めなところを下ってくることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

スキーの初心者は転び方を覚えるのも一つの手

あと、怖い理由としては、転んだ時にどうなるか分からない...というのもあるかもしれません。

最初のころは、よく転んだ分だけ上手くなるとか言われますが、正にそうだと思います。

と言っても、なんでも気合で転ぶのはチョット...後が続きません。

自分なりに、痛くない転び方を見つけてみてください。

 
転んで地面に着地するときに、手首は使わないようにしてください。

腕全体で横側からといった感じです。

それと、オーソドックスな方法としては、山側に体を倒してお尻から落ちれば、

雪山なので、ほとんど痛くないと思います。

この痛くないポイントが見つかってきたら、色々と転んでみましょう!!

転んだ時からのリカバリー(立ち上がり)を早くするのも上達の近道です。

立ち方の動画です。

基本はスキーの交差をほどいて、谷川に両足を持って行って立ち上がれば、OKです。

滑ってしまい、立ち上がれないときは、スキーの片足や場合によっては両足を外せば、立ち上がりやすいです。

慣れてくれば、転びながら立ち上がるということもできてしまうかもしれません。

転んでるんだか滑っているんだかの境目が分からなくてもオッケーです。

転び方が分かったら、滑っていて、ムリ目だな...と思った時に同じ方法で転んでください。

いやいやここは耐えて...とムリに耐えるのはよくありません。

ここを無理に頑張ってしまうと、次の転ぶタイミングではさらに速度が増してますから、受け身がとれず、怪我の元になってしまいます。

ヤバそうだったら、こう転べばいいんだな...と思えるようになると、恐ろしいくらいスキーが怖くなくなります。

転ぶことは、スキーでは全く恥ずかしいことではないので、好きなところで転べるようになるまで、転びを極めていくと、滑ることも、転ぶことも怖くなくなります。

 

まとめ

スキーが怖くなる理由と対処の仕方のイメージは湧きましたでしょうか?

怖いと言うのは、人間に備わった大切な感覚です。

ココを麻痺させて、気合で練習して大けがをしては元も子もありません。

なぜ、怖いのかにうまく向き合い、怖さを克服していただき、楽しくスキーを滑ってください。

スポンサーリンク

ちなみにリフトが怖い方はコチラの記事をご参照ください。
→初めてのリフトの乗り降り
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
→初心者スキー講座はコチラ

-スキー・スノボ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スキーの初心者がアイスバーンを滑るには!練習法とケガをしないために

スポンサーリンク 練習してやっと滑れるようになってきたと思った時に、気づくと足元がガリガリと… このガリガリこそがアイスバーン!! 曲がらない、止まらない、転ぶと痛いと3拍子そろった悪雪の代名詞こと、 …

続きを読む

初心者にナイターのスノボは無謀?リフト券は必要?マナーは何がある?

スノーボードを始めたい! でも、初めての場合、昼間だと初心者なのがバレバレでちょっと恥ずかしいというのもありますよね。 そうだ!夜ならば目立たないかも思われている方、意外と多いんです。 でも、初心者で …

続きを読む

スキーからスノボへの転向は難しい?違いは何?兼用できる道具は?

今までずっとスキーを滑っていたけど、スノーボードもなんか面白そう。 簡単にできるなら、少しかじってみたいかな...と思っている方も多いのではないでしょうか? という方向けに、スキーからスノーボードに転 …

続きを読む

スキーの初心者の曲がり方は?ターンの練習方法と急斜面の場合の対処は?

スポンサーリンク スキーの初心者は最初が大変...^^; 斜面で止まったり、ゆっくりとスピードをコントロールできるようになった後、 次なる関門はターンですね。 気合で曲がらず、少しずつ丁寧に曲がってい …

続きを読む

雪道を安全にスキー場へ!走行のための準備は?スタッドレス初心者が気を付けることは?

雪道を安全にスキー場にたどり着けるにはどうすればいいか? 前回、雪道運転に必要なのは運転技術だけではないことを紹介しました。 今回も運転技術もさることながら、どうすればより安全なのかについて説明します …

続きを読む