お出かけ スキー・スノボ 豆知識

雪道を安全にスキー場へ!走行のための準備は?スタッドレス初心者が気を付けることは?

投稿日:2017-11-29 更新日:

雪道を安全にスキー場にたどり着けるにはどうすればいいか?

前回、雪道運転に必要なのは運転技術だけではないことを紹介しました。

今回も運転技術もさることながら、どうすればより安全なのかについて説明します。

車でスキーに行きたい初心者の方、要チェックです。

 
走り方についての記事はコチラを参照してください。

スポンサーリンク

 

雪道を安全にスキー場に行くには?

雪道の初心者が雪道を安全に行くのに、前回は、

・雪山に行く場合は準備が大切!
・滑らない(滑りにくい)車に乗る事がとにかく大事!

について説明しました。

前回の記事を見ていない方はコチラをどうぞ。

というわけで、とにかく準備が大切な訳ですが、準備はこれだけではありません。

とにかく、通常の乾いたアスファルトとはエラい違う世界なのです。

ベテランドライバーでも危険に合う確率はあります。

危険な状況に合いそうなとき、合ってしまったとき...

そんな時に頼れるのは、使わないかも...と思って仕込んでおいた準備に他なりません。

というわけで、雪道への準備の第二弾です!

 

雪道を走行するための準備は何が必要?

まずは、基本ですが、
・エンジンオイルが古い場合は交換しておいてください。
交換される場合は寒冷地対応のエンジンオイルがあると最強です。

・ワイパーのゴムが古く、線が出てきてしまう場合はワイパーゴムも交換が必要です。ゴムが固くなってしまうと、雪がフロントガラスの上で凍り付きやすくなります。

・エアコンの効きが悪い場合は修理が必要です。(雪山は寒いです^^;)

・バッテリーの充電はフル充電に!
バッテリーは温度が下がると、電圧が落ちて、セルが回りにくくなります。
雪山は寒いので、バッテリー上がりを防止するために、バッテリーは新しいもの、もしくはフル充電にしておく必要があります。

・ガソリンももちろん満タンにしてください。
雪山でのガス欠は分かると思いますが、絶対にあってはいけません。
状況によっては、死を招く可能性すらあります。
出発前にかならず、満タンにしていきましょう!

続いて、もしもの時の持ち物です。

・予備のチェーン
たいていはスタッドレスでも行けると思いますが、もしもの時にチェーンがあると安心です。
あと、チェーンは持っているだけではダメで、せっかく持っているのであれば、装着の練習をしておくと、何かの時にスムースに装着できます。

・軍手
チェーンを巻いたり、フロントガラスや周りのガラスに積もった雪を払うとき、他にもいろんな場所で役に立つ軍手は何かと便利なので、必携してください。

・まだまだあります。もしものために持っていくもの

フロントガラスの融雪剤、ガムテープ、防寒具、毛布、車輪止め、シガーライターからのスマホの充電器、汚れてもよいウィンドブレーカーかジャンパーはもしものために大変役に立ちます。

タオルや雑巾もあるといいです。

あとは、懐中電灯もあると便利なので、持って行ってください。
それらをまとめて一つの袋に入れておきましょう。

なお、当たり前の話ですが、スペアタイヤがパンクしていないことを確認しておいてください。

 

あとは究極ですが、絶対に必要なのが...

・一緒に車に乗ってくれる友達!

どんなに準備しても、運が悪いと何がおきるか分からない雪道です。
そんな時、気の合った友達がいると、何が起きてもとても心強いです。
初心者のウチは注意も散漫になることがあったり、ナビになってくれたり、何かと助かるお友達。
初心者のウチはソロでスキー場に行くのは避けましょう!

 

スポンサーリンク

雪道のスタッドレス初心者が気を付けることは?

前章までは雪道を走るのに必要な準備について、挙げてきました。
続いて、スケジューリングについてです。

「余裕をもったスケジュール!」

意外と忘れがちなのですが、これは結構大事なので、大切にしてください。

時間や気持ちに余裕がないと、アクセルワークやブレーキングがどうしても雑になります。

なので、何時にチェックインをしなきゃいけない...とか食事は何時までだから...とか、家を出るのがギリギリとか...

急がなければいけない状況ができてしまい、気分に余裕がないと、危険度は一気に高まるので注意してください。

あと、夜中に走り続けて、朝から滑るプランとかもありますが、これは結構体力を使います。

特に、金曜日に仕事帰りに夜中走り続けて、朝までにスキー場というプランは最初は避けた方が無難です。

疲労してくると、どうしても判断が鈍くなったり、地面からのレスポンスを感じ取る感覚が鈍くなります。
ましてや、眠くなってしまったら、最悪です。これ以上怖いものはありません。

というわけで、初めは近場で数時間で行けるような場所をスケジューリングするか、前日行く場合も、早めに仕事を上がって、ゆっくりと宿を目指しましょう。

このようにして心の余裕を作ることが、スタッドレス初心者にとっては大切です。

 

初心者が安全にスキーに行く方法のまとめ

初心者が安全にスキーに行く方法の第二弾!!として、今回も準備になってしまいましたが、何事も「転ばぬ先の杖!」とても大事です。

結局は使わないで済むことが多いのですが、それらも、持っていることによって心の余裕も生まれます。

心の余裕によって、無理をしなくなるので、さらに危険性を少なくすることができますので、是非参考にしていただけたら幸いです。

次回はようやく走り方について説明します。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました。

-お出かけ, スキー・スノボ, 豆知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スキーで初心者の気持ち。なぜ怖い?間違った克服法は危険!

初心者にとってなぜ、スキーは怖いのか? 怖いというのは大切な感覚です。 間違った方法で怪我をしてはもともこもありません。 正しい克服法を知って楽しく安全にゲレンデを滑りましょう!! →初心者スキー講座 …

続きを読む

クリスマスのデートで昼間から遊べる東京の穴場15選!おすすめは何?

クリスマスのデートで昼間から彼女と何処に行くか? 昼から夜にかけて楽しめる、意外と穴場のアクティブ系のスポットについてまとめました。 何処に行こうかネタを探しているあなた、参考にしただけたら幸いです。 …

続きを読む

箱根の紅葉の楽しみ方。日帰りで混雑知らずのルートは?ロープウェイから絶景を見よう!

紅葉の楽しみ方っていろいろありますよね!ハイキングで楽しむ!とか 登山で楽しむ!とかドライブで楽しむ!等々… 今回提案するのは、渋滞知らずで、特急、バス、船、ロープウェイ、ケーブルカー、 登山電車とい …

続きを読む

千鳥ヶ淵の桜の撮影スポットは?東京タワーが見えるのは?三脚もOK?

都内で桜撮影でも、特にソメイヨシノの写真を撮りたいと思った場合、 やっぱり千鳥ヶ淵の桜がダントツでしょう。 なんといっても、水面からの桜の木までの高さが、絶妙な高さで、 水面に綺麗に桜が反射して、ライ …

続きを読む

紅葉を関東から日帰りで行く電車のプランは?紅葉スポットと温泉の紹介

紅葉を日帰りで楽しみたい!!欲を言えば温泉も…という場合、一般的には箱根!!となりますが、今回は紅葉狩りを楽しんだけでなく、 時期によってはあの超有名旅館の広大な庭園から紅葉を見ながら、日 …

続きを読む

こんにちは。とむと申します。
東京都に住む40代の男性です。
趣味だらけの生活を生かして、ためになりそうな話題についてブログを書いています。
サルサ歴ほぼ20年!一応ダンサーです^^;
詳しいプロフィールはコチラ
電気・IT系の情報はコチラ!!
★自炊最高☆彡
料理のことではないです^^
あなたはどっち?
OR