スキー・スノボ

スノボの急斜面での止まり方のコツは?エッジにのったブレーキの方法

投稿日:2018-02-28 更新日:

努力の甲斐あって、ドリフトターンをしながら、なんとか普通の斜面は滑れるようになってきました。
でも、ちょっと急な斜面になってしまうと、ブレーキをかけようとしても、板が暴れてしまい、
ポンポンと飛んでしまい、バランスを崩して転んでしまうということありますよね。
そうならない様に止まり方のコツについてまとめました。
スピードが出ちゃったらなかなか止まらないあなたは超チェックです。

スポンサーリンク

 

スノボの急斜面での止まり方のコツは

スノーボードで急斜面に出てしまったり、スピードが乗ってしまった時って、
ホント止まる気がしないですよね。
で、ムリにエッジをかけてしまい、ズルッといって転んでしまうこと、よくありますよね。

スノーボードを初めて間もない方や、スキーをやられたことがある方は、
スノーボードってこんなに止まらないのか...と思ってしまいます。

でも、止まれる人とどこが違うのか...

止まれる人は「ボードはすぐに止まらない」事を身をもって知っているからです。
でも、知っているだけで何で止まれるの?と思う方もいるかもしれませんね。
確かに、その言葉の意味だけを知って、何の意味があるのでしょう?

スノーボードは止まろうとしても、エッジが一枚しかありません。
なので、ブレーキをかけても制動距離はどうしても長いです。

止まれない人の場合、止まれないと、
「ヤバい!もっとエッジをきかさないと、速度が落ちない!!」
とさらにエッジを強くかけようとして、体を山側に倒してしまいます。
でも、急にエッジをかければかけるほど、板は暴れてしまいます。
板が暴れた結果、バランスを崩して、転んでしまうのです。

止まれる人は、エッジの強弱で止まろうとするのではなく、同じエッジで角度を変えずに、
ブレーキングの長さで止まろうとするのです。
どうせ、エッジをかけても止まらないので、そのままの状態で体をキープします。
最初は確かに速度は落ちないかもしれませんが、このままエッジをかけ続けていると、
不思議とあるところからはイイ感じで速度が落ちてきて、止まることができるのです。

というわけで、止まれない方は
「怖がらずに長い間ブレーキをかけられる姿勢をとれる」
ことを目指して頑張りましょう。

スノーボードのエッジにのったブレーキはどうやるの?

というわけで、エッジに乗ったブレーキの制動距離を長くするとの事ですが、
どうしたら、長い間ブレーキをかけつづけることができるでしょうか?

とりあえず、かかと側のブレーキングからやってみましょう。

滑り始めて速度が出てきたら、つま先を上げてかかと側でブレーキをかけます。
膝を伸ばしてしまうと、ショックが吸収できないので、膝を緩めます。
この時、重力に対して垂直の姿勢をキープしてください。
ブレーキがかかりにくいと、強くエッジをかけたり、体を山側に倒したくなります。
でも、ここはグッと我慢して、体は重力に対して真っすぐをキープしてください。

「滑らせた状態でバランスをコントロールする」事を意識しましょう。

一番大事なことはコントロールを失わないことです。
ある程度は膝を緩めることで、斜面からのショックは吸収できますが、
板が暴れてきたな...と思ったら、エッジングが強すぎるので、つま先側を緩めてエッジを弱くします。
そうしているうちに、一気に速度が落ちてくることを体感できたら、しめたものです。
後は落ち着いて、板が止まれば成功です。

スポンサーリンク

スノーボードのつま先でのブレーキはどのように?

かかと側ができたら、今度は自分が山側を向いた状態でつま先側のエッジを使って止まってみましょう。

こちらの方も基本は同じです。
ブレーキングはエッジを強く立てるのではなく、体を重力に対して垂直に保ち、滑らせた状態でコントロールします。

この時も同じように膝を緩めて、雪面からのショックを吸収します。
速度が速い場合は両手を広げて、やじろべえのようにバランスをとってください。

それでも、板が暴れてきたら、エッジングが強すぎるので、かかとの角度を調整して、
エッジの角度を緩めてあげます。そうすると、一時的に若干速度は出るものの、ボードは安定してくるので、
この状態をキープしてください。

するとウソの様に一気に速度が落ちるので、後は安定して止まることができます。

スノボの急斜面での止まり方のまとめ

スノボの急斜面での止まり方について、つま先側とかかと側のエッジで止まる方法を説明してきましたが、
イメージはつきましたでしょうか?

基本は
・体を重力に対して真っすぐ保ち、決して体を山側に倒さない。
・両手を広げて、膝を緩めて、滑らせてコントロール。
・無理にエッジをきかさない。板が暴れてきたらエッジを緩めると安定する。

を意識すれば止まりますので、焦って止まらずに、いつかとまるから...
と落ち着いて止まってください。

スポンサーリンク

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
→スノボ初心者講座はコチラから

-スキー・スノボ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者にナイターのスノボは無謀?リフト券は必要?マナーは何がある?

スノーボードを始めたい! でも、初めての場合、昼間だと初心者なのがバレバレでちょっと恥ずかしいというのもありますよね。 そうだ!夜ならば目立たないかも思われている方、意外と多いんです。 でも、初心者で …

続きを読む

スノーボード初心者の最初の滑り方は?ターンを無理やりすると危険?

晴れて平らな斜面で歩き方とスケーティングを覚えて、リフトに乗りました。 両足を板に固定して斜面に立ったものの...(;゚Д゚) 平地での練習は何だったんだ...何もできる気がしない。 そんな時、どうや …

続きを読む

雪道を安全にスキー場へ!走行のための準備は?スタッドレス初心者が気を付けることは?

雪道を安全にスキー場にたどり着けるにはどうすればいいか? 前回、雪道運転に必要なのは運転技術だけではないことを紹介しました。 今回も運転技術もさることながら、どうすればより安全なのかについて説明します …

続きを読む

スキーの初心者がアイスバーンを滑るには!練習法とケガをしないために

スポンサーリンク 練習してやっと滑れるようになってきたと思った時に、気づくと足元がガリガリと… このガリガリこそがアイスバーン!! 曲がらない、止まらない、転ぶと痛いと3拍子そろった悪雪の代名詞こと、 …

続きを読む

スノーボード初心者向け記事のまとめ。何から始めればいいか分からない方へ

スポンサーリンク スポンサーリンク スノーボードに初心者が行く場合、どのような流れで進めていけばよいでしょうか? 何から始めればいいか分からないというのもあるかもしれませんね。 どんなものが必要で、ど …

続きを読む