スキー・スノボ

スキーからスノボへの転向は難しい?違いは何?兼用できる道具は?

投稿日:2018-02-21 更新日:

今までずっとスキーを滑っていたけど、スノーボードもなんか面白そう。
簡単にできるなら、少しかじってみたいかな...と思っている方も多いのではないでしょうか?
という方向けに、スキーからスノーボードに転向、もしくは移行するのってどんなものなのか?
についてまとめてみました。
スノボもちょっとやってみようかな?と思っていらっしゃる方、要チェックです。

スポンサーリンク

 

スキーからスノボへの転向は難しい?

では実際にスキー歴5年とか10年の方で、検定で2級とか1級を持っていらっしゃる方、
もしくはだいたいの斜面を転ばずに滑って降りてこれる方の場合、スノーボードに移行するのは難しいのでしょうか?
正直、体の使い方は左右を使った動きから、前後を使った動きなので全くちがいます。

理論は結構使える!

でも、スキーの時に一生懸命身に着けた考え方はスキーもスノーボードもそれほど変わりません。

後傾
例えば、「後傾すると板の自由が効かなくなる」とかありますよね。
スノーボードも同じで、後ろ脚に乗ってしまうことが後傾で、こうなると板の自由が効きません。

外エッジ
他には「外エッジに乗ると転びやすい」というのも、スキーの基本と同じです。
スノーボードでも反対側のエッジに乗ると、つまづいて転んでしまいます。
このことを「スノボは逆エッジに乗った」といいます。

内倒
検定の1級レベルになると「斜面に内倒すると、不安定で転びやすい」というのがありますよね。
スノーボードでも内倒するとエッジがずるりと滑って不安定になります。

というわけで、この辺のスキーの知識はすべてそのまんま使えます。

スキーとスノボの違いは?

なんといっても板が一枚!

板が一枚なのでエッジが効きにくいです。
そのため、ブレーキをかけても、制動距離が長いです。

両足が固定されている

スキーは足の位置や開きでもバランスをコントロールできるのですが、
スノーボードは足が完全に固定されているため、重心移動のみで板を制御します。
そのため、最初は窮屈感があると思います。

滑っていないと転んでしまう。

スキーの場合は止まっていても両足で立つと安定して立てるのですが、
スノボでは静止していると、転ぶしかないです。
丁度、自転車に乗っている感覚ですね。

ストックがない

当たり前ですが、ストックがないので、板の抜重は足でのみ行います。
なので、スキーよりも急激に重心を落としてしまうと、立ち上がりにくいです。

スタンスが2種類ある

左足前のスタンスをレギュラーといい、右足が前のスタイルをグーフィーといいます。
片方はしっくりときて、もう片方はなんか違和感がありますので、その場合は早めにビンディングを借りたレンタルに戻って、
直してもらいましょう。


スポンサーリンク

スキーとスノボで兼用できるものは?

今までスキーをしていて、これからスノボをするのにグッズを両方用意するのは大変です。
なので、ボードも経験されたい方は何を用意すればいいでしょうか?

基本的にはスノボ側でそろえるとジャストではないですが、そこそこ使えます。

ゴーグル:スノーボードで使うゴーグルで大丈夫です。
ニットの帽子:スロープを滑るのであれば、ニットの帽子で十分です。
スキーでもこの帽子で十分いけます。

手袋:スノーボード用があれば、ほぼ大丈夫です。
スノボ用の手袋は手を伸ばしているのがベースにできています。
なので、若干曲げにくいかもしれませんが、それほど気にはなりません。
ぎゃくにスキー用の手袋にしてしまうと、雪に触れる機会が多いので、びちょびちょになって気持ちが悪いです。

ウエア:スノーボード用はゆったりしているので、膝パッドやお尻パッドをウェアの中につけることができます。
スキーのものより若干薄目なので、スキーで寒い時はインナーを一枚多くするといいでしょう。

スキーからボードへの転向のまとめ

スキーからボードへの転向で必要な技術やアイテムについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
スキーを結構滑られていた方は、スノーボードをはいても、ただ下るだけであれば、
さすがにコブは厳しいですが、結構な斜面でも下ってくることはできると思います。

せっかくなので、一度経験されては如何でしょうか?

スキーと似ているところも多いので、いつもと感じが違って、結構楽しめますよ!
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

ちなみにスノボの最初の練習方法についてはコチラの記事もご参照ください。
→我流発!スノーボードの練習方法は何からやる?
→スノボ初心者講座はコチラから

-スキー・スノボ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スノーボード初心者の最初の滑り方は?ターンを無理やりすると危険?

晴れて平らな斜面で歩き方とスケーティングを覚えて、リフトに乗りました。 両足を板に固定して斜面に立ったものの...(;゚Д゚) 平地での練習は何だったんだ...何もできる気がしない。 そんな時、どうや …

続きを読む

スキーで初心者の気持ち。なぜ怖い?間違った克服法は危険!

初心者にとってなぜ、スキーは怖いのか? 怖いというのは大切な感覚です。 間違った方法で怪我をしてはもともこもありません。 正しい克服法を知って楽しく安全にゲレンデを滑りましょう!! →初心者スキー講座 …

続きを読む

雪道で山道の運転方法は?気を付けることは?ヘッドライトはどうする?

雪道初心者の場合、なぜか雪があまりないところに行こうとしても、 逆に雪道に吸い寄せられてしまうことがあるようです。 高速通っているから安心!と思っても高速が通行止めになってしまえば、下道を走るしかあり …

続きを読む

スノーボード初心者向け記事のまとめ。何から始めればいいか分からない方へ

スポンサーリンク スポンサーリンク スノーボードに初心者が行く場合、どのような流れで進めていけばよいでしょうか? 何から始めればいいか分からないというのもあるかもしれませんね。 どんなものが必要で、ど …

続きを読む

スキーの初心者がアイスバーンを滑るには!練習法とケガをしないために

スポンサーリンク 練習してやっと滑れるようになってきたと思った時に、気づくと足元がガリガリと… このガリガリこそがアイスバーン!! 曲がらない、止まらない、転ぶと痛いと3拍子そろった悪雪の代名詞こと、 …

続きを読む

こんにちは。とむと申します。
東京都に住む40代の男性です。
趣味だらけの生活を生かして、ためになりそうな話題についてブログを書いています。
サルサ歴ほぼ20年!一応ダンサーです^^;
詳しいプロフィールはコチラ
電気・IT系の情報はコチラ!!
★自炊最高☆彡
料理のことではないです^^
あなたはどっち?
OR