スキー・スノボ

スキーとスノーボードで初心者にお勧めな方は?上達と楽しさの比較で。

投稿日:

今年の冬はスキーかスノーボードをやってみたい。
でも、どっちをやってみようかな?
そんなとき、一人の友達が教えてくれるなら、教えてくれる人に合わせればいいですが、
スキーとスノーボードのどっちも教えてくれる人がいたとしたら...
どっちがおすすめかについて比較してみました。
迷っている方、要チェックです。
→初心者スキー講座はコチラ

スポンサーリンク

 

スキーとスノボで初心者におすすめな方はどっち?

では早速ですが、スキーとスノボどちらがいいでしょう?

残念ながら、一概にどちらがいいとは言えません。
滑る人が何を求めるか?によって、変わってきます。

スノーボードのメリットとデメリット

スノーボードが向いているのは、
「とにかく、早く滑って降りれるようになりたい」人向けです。

スノーボードは使う道具の数が少なく、両足が固定されていることで、
足の自由度が少ない分、初心者に求められるのは
「重心移動」「エッジング」が殆どです。(上手になっても同じなのですが...)

なので、メリットとしてコツをつかんでしまえば、滑り始めはとても早いです。
半日あれば、ゆるやかな斜面を充分滑って降りてこれるようになれるでしょう。

あと、個人的に好きなのは、靴が柔らかいことです。
普通の長靴をはくような感覚なので、締め付けられている感がなく、普通に歩けることです。

デメリットとしては…とにかくよく転ぶんです(/ω\)

スノーボードはストックがないのと、ある程度の速度で滑らないと安定しないので、
最初は特に転びやすいです。

似たものとしては、自転車もある程度の速度が出た方が安定しますよね!そんな感じです。

なので、帽子、ひじやひざ、おしりのプロテクターは最初は欠かせません。
なんでもない平坦なところで、突然バタッと転んでしまうのも、スノーボードの特性です。

最初にお友達やインストラクターに転び方を教えてもらってからのスタートになります。

スキーのメリットとデメリット

スキーのメリットとしては、両足が分れているので、歩いたり滑ったりするのが安定していることです。
ストックもあるので、滑ってしまう雪面にいながら、気持ち的にも安心感があります。

止まっていても、普通に立っていられるので、立ったり座ったりがなくて楽ちんです。

逆にデメリットとしては、足が分れているので、それぞれの足を別々に制御する必要があるので、
とにかく最初の板の取り回しが難しいです。

最初は板をハの字にしてボーゲンという滑り方をするのですが、両足を均等に使う必要があるのです。
これが意外と難しく、板の先が重なったりして、最初はなかなか安定しません。
他には、前を見て滑るので、最初は斜面が怖いんです。結果として、つま先で踏ん張って転んでしまったり、
板が重なって転んでしまったりします。

でもスノーボードと違って、転ぶ前に転ぶことがだいたいわかるので、受け身がとりやすかったり、
左右に転ぶので、膝やお尻をぶつける心配がありません。

落ち着いてくると、緩やかな斜面では、まず、転ぶ気がしなくなります。

 

スキーとスノボで上達が早いのはどちらか?

では、続いてスキーとスノーボードで上達の違いについて確認してみましょう。

スノーボードの上達度合い

スノーボードはゆるやかな斜面を滑るだけであれば、それほど時間がかからないで、できるようになります。
しかも、板が1枚で足が固定されているので、普通に滑っている分には初心者なのか中級者なのかが、
分かりにくいです。
もちろん上手な人からみれば、ターンのレベルは一目瞭然なのですが、普通の人からみれば、
「なんだ、普通に滑れるじゃん」といった感じに見えます。

スノーボードが難しいのは雪の状態が悪くなってきたときです。
雪が凍って、氷の様になってしまうアイスバーンや、ボコボコとしたコブ斜面、急斜面もエッジが一枚しかないのでなかなか止まりません。

この辺を制御できるようになるのは、結構大変です。

逆に、このような斜面が難なく滑れるようになってくると、今度は飛んだり、跳ねたりが面白くなってきます。

スキーの上達度合い

スキーの上達の場合、殆どの場合ボーゲンまでは早いうちからできるようになり、
この滑り方を使って色々な斜面に行くことができます。
ただ、ここから先、板が平行(パラレル)になりにくい。平行にして滑るようになっても、
膝を締めて滑れるようになるには結構、時間がかかります。

膝が閉じれるレベルまでは普通の人が見ても、初級者の様に見えます。

この時間が結構長いです。
そこから先は、だんだんと膝がくっついて来るようになります。

そこからは、2枚の板で滑れる強みを生かして、アイスバーンやコブ斜面、ヘリスキーなど、
いろんな斜面を滑るような方向に進んで行く人が多くなります。

 

スポンサーリンク

スキーとスノボで楽しい方はどちらか?

では結局のところ、どちらが楽しいのでしょうか?

技術的な面から

まず、技術的な面から見ると、全然すべれないところから、滑れるようになっていく過程は、どちらも面白いです。
なので、片方がある程度滑れた段階で、もう一方を経験されると2度楽しむことができます。
なので、初心者の時はスキーでもスノーボードでも、それほど、気にされなくても、どちらでも十分楽しめます。

上級者になるに従って、高速で滑る様になったとき、雪面のグリップの感触が面白くなる人はスキーの方にシフトしていくでしょう。
スノーボードでも高速ターンはできますが、フリーのボードでは速度が出過ぎると、転んだ時、ちょっと危ないですね。
それでも、スノーボードが好きな人はアルペンボードに進む方もいます。

また、滑っていくウチに飛んだり、回ったりが面白くなってくる人は、スノーボードが面白くなるでしょう。
もちろん、スキーでも後ろを向いて滑ったりもできますが、それにハマる人はそういないですね...^^;

イメージ的な面から

他の要素としては自分のイメージに合っている方ですね!
服で言う、ファッションのようなものです。

たとえば、スノーボードの場合、止まった状態で立ってはいられないので、
どうしても座って待機することが多くなります。

その状態がなんとなくイヤなので、ムリして立って疲れたり、転んだりする...の様にです。

意外とこれ重要で、自分のイメージと行動が合わない→気分が乗らない。
→気分が乗らないので、上達が遅い→余計つまらない...
という負のループができてしまうことがあります。

その場合は無理せず、自分のイメージに合う方にスイッチしましょう!

スキーvsスノボまとめ

初心者にとって、スキーとスノボでどっちがいいのか...についてまとめてみましたが、
如何でしたでしょうか?

運動特性とイメージが異なるので、自分のイメージにあった方を選んでみてください。

とりあえず、スキーと思った方はコチラの記事もご参照ください。
→スキー初心者はどれくらいで滑れるようになる?
→初心者スキー講座はコチラ

スポンサーリンク

途中でもう一つの方も滑りなおすこともできるので、あまり考えすぎずに、
とりあえずで決めてみてもいいでしょう。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

-スキー・スノボ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スキーの初心者の曲がり方は?ターンの練習方法と急斜面の場合の対処は?

スポンサーリンク スキーの初心者は最初が大変...^^; 斜面で止まったり、ゆっくりとスピードをコントロールできるようになった後、 次なる関門はターンですね。 気合で曲がらず、少しずつ丁寧に曲がってい …

続きを読む

スキーの止まり方のコツ。初心者の怖くない滑り方。急斜面に出てしまったときは?

スキーはどうすれば止まるでしょう? 「知ってるよ!板をハの字にすれば止まるんじゃん」と言われそうですが^^; 確かに、一般的には板を「ハの字」にすれば止まるとは言われています。 でも、実際に経験された …

続きを読む

初心者が運転してのスキー場に行くには?のまとめ。準備から走り方まで。

スポンサーリンク 初心者がスキーに行くために何が必要なのか?注意することを総まとめにしました。 全部大事ですが、体系的にまとまっているので、特に興味があるところを、重点的に参照していただけたら幸いです …

続きを読む

スノーボード初心者向け記事のまとめ。何から始めればいいか分からない方へ

スポンサーリンク スポンサーリンク スノーボードに初心者が行く場合、どのような流れで進めていけばよいでしょうか? 何から始めればいいか分からないというのもあるかもしれませんね。 どんなものが必要で、ど …

続きを読む

スキー上達のコツ。初心者は最初が肝心!教室は必要?危険に合わないためには?

せっかくスキーをするなら、最速で上手くなりたいですよね! そんなあなたのために、初めてスキーをするときの上達のコツ!教室はどうすればいいか? ケガなどの危険に合わないためにはどうすればいいかについてま …

続きを読む

あなたはどっち?
OR