スキー・スノボ

スキーの初心者がアイスバーンを滑るには!練習法とケガをしないために

投稿日:2018-02-14 更新日:

練習してやっと滑れるようになってきたと思った時に、気づくと足元がガリガリと…
このガリガリこそがアイスバーン!!

曲がらない止まらない転ぶと痛いと3拍子そろった悪雪の代名詞こと、
アイスバーンの滑り方についてまとめました。

特に初心者の方、もしものためにチェックしておいてください。
→初心者スキー講座はコチラ

スポンサーリンク

 

スキーの初心者がアイスバーンを滑るには

スキーの初心者がやっと滑れるかと思った時にでてくる、このアイスバーンですが、
言うなれば、スキー場の氷になります。

スキーで曲がったり、止まったりしたときに、スキーのエッジを使って板の制御を行ったのを覚えていますか?

忘れてしまった方はコチラ↓
→スキーの曲がり方の記事へGO!
→スキーの止まり方の記事へGO!

このエッジが雪面に食い込んで、ブレーキになったり、ガイドになったりして、
スキーは制御できるのですが、

アイスバーンになると、この命のエッジが雪に食い込まなくなります...
ということは...

止まんねー!!( ゚Д゚)

となる訳です。(恐ろしい...)

なので、いつもの感覚で止まろうとしていると、スッテンコロリンです。
しかも、凍っているので、転ぶと痛いんです(:_;)

なので、その時のために滑り方を覚えておきましょう。

その前になぜ、このアイスバーンはできるのでしょう?

特に昼間晴れているときに、なりやすいのですが、昼間、太陽の光で温められるのと、
沢山の人が滑ると、そこの部分の雪がだんだんと解けてきます。
これが、夕方になると、気温が冷えてきて一気に凍るのです。

なので、大勢の人が滑っているところほど凍ります。
また、割と平らな所の方が凍ります。

しかし、意外とアイスバーンはそれほど面積が広いものではありません。

スポンサーリンク

なので、足元がガリガリと言ってきたら、そこでは、無理に曲がろう、止まろうとはせずに、
ガリガリ音が聞こえなくなってきたところで、ブレーキをかけたり、曲がるようにしましょう。

あと、速度も2~3割遅い速度で滑るようにすると、アイスバーンが終わるのを余裕をもって、
待つことができるので、より安全に滑ることができます。

アイスバーンは上級者でも、もともと曲がらないもの、止まらないものです。
なので、ムリに曲げたり、止まったりすると、余計転びやすくなります。

特に初心のウチは決して戦わないことをおススメします。

雪がボコボコしているところや、端っこの方で十分ブレーキがかけられるので、そこまで我慢です。

 

スキーのアイスバーンの練習方法

スキーのアイスバーンはもともと制御が効かないものです。

スキーの板がプロ仕様のエッジをアイスバーン用にチューンナップしたものであれば、
アイスバーンにもガッツリと食い込みますが、
初心者向けの柔らかくて、変にエッジが引っかからない様に加工してあるスキー板は、
全然アイスバーンに引っかかってくれません。
なので、アイスバーンを制御しようとする練習をしても無意味です。

逆に、ブレーキを無理にかけないで、今まで通りの形で、止まらなくても、気持ちが動じない様に、心構えの練習をする事が大事です。

また、足から伝わってくる感触を感じながら、この感触は無理にエッジをかけても止まらない。
という感覚をつかめれば、大丈夫です。

後は、斜面を見ながらどの辺にアイスバーンができやすいかを見たり体感したりしながら、
斜面を攻略していきましょう。

あの辺はボコボコしているから、止まれるな...とか、テカテカ光っているから、近づかないでおこう...
とか、減速して通過しよう...とかイメージがつけば、アイスバーンへの対処能力は上がってきます。

 

アイスバーンでケガをしないために

あと、アイスバーンでケガをしないために、気を付ける点としては、

アイスバーンで気を付けること
・帽子をきっちりとかぶる。
・スピードの出し過ぎに注意!
・疲れてきたら休む
・回りのスキーヤーやスノーボーダーに注意
・飲酒は絶対NG!
・無理な斜面に挑まない

を気を付けていただければと思います。
せっかくの楽しいスキーで怪我をしてしまっては元も子もありません。

スポンサーリンク

上記に注意していただき、アイスバーンがあったとしても、
楽しく安全に滑っていただければと思います。
ちなみに、コブ斜面が苦手な方はコチラの記事を参照ください。
→【超実践的!!】初心者がコブ斜面を安全におりてくる方法
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
→初心者スキー講座はコチラ

-スキー・スノボ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スノボ初心者が一人で練習するのは大変?一人での楽しみ方と注意点

スノーボードをやってみたいけど、近くに一緒にやってみたい人がいない。 でも、スノーボードをやってみたい。 この際、一人で行って練習したいけど、スノーボードを最初に始める時、 スキー場に自分一人で行くの …

続きを読む

雪道でも車で行きやすいスキー場は?運転方法は?スリップした場合は?

雪道を車で走ってスキー場へ!初心者は雪道をどうやって走ればいいでしょう? でも、雪道といっても色んな種類があります。 全ての路面についての運転方法を一気に理解するのはかなりしんどいです。 そのため今回 …

続きを読む

雪道で山道の運転方法は?気を付けることは?ヘッドライトはどうする?

雪道初心者の場合、なぜか雪があまりないところに行こうとしても、 逆に雪道に吸い寄せられてしまうことがあるようです。 高速通っているから安心!と思っても高速が通行止めになってしまえば、下道を走るしかあり …

続きを読む

スノーボード初心者のターンのコツ!フロンドサイドの曲がり方が難しい。

スノーボード初心者の場合、最初は木の葉滑りから開始すると思いますが、次は逆エッジに気をつけながら、ターンを練習していきましょう! 初心者に危険性の少ないターンの方法についてまとめました。 曲がろうとし …

続きを読む

スノボの急斜面での止まり方のコツは?エッジにのったブレーキの方法

努力の甲斐あって、ドリフトターンをしながら、なんとか普通の斜面は滑れるようになってきました。 でも、ちょっと急な斜面になってしまうと、ブレーキをかけようとしても、板が暴れてしまい、 ポンポンと飛んでし …

続きを読む

こんにちは。とむと申します。
東京都に住む40代の男性です。
趣味だらけの生活を生かして、ためになりそうな話題についてブログを書いています。
サルサ歴ほぼ20年!一応ダンサーです^^;
詳しいプロフィールはコチラ
あなたはどっち?
OR