時季の話題

十六夜って何?読み方はどう読むの?語源は何?月待ちとは?

投稿日:

十五夜は超有名ですが、十六夜って文字もどっかで見たことないですか?

アニメだったり、ゲームだったり・・・

確かに、十六夜という言葉、ちょっと神秘を感じるような感じがしますね。

この十六夜とは何なのか?

昔の人はこの十六夜をどのように楽しんでいたのか?かについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  
 

十六夜って何?読み方は?語源は何?

早速ですが、十六夜の読み方は「いざよい」または「じゅうろくや」と読みます。

「じゅうろくや」はそのまんまですね!十六日目の月という意味ですね。

ではなぜ「いざよい」も読むのでしょう。

十五夜の時、月の何を意識していましたか?

そうです!形ですね!真ん丸なのが十五夜でしたね!

月にはもう一つお楽しみの要素があるんです。

それは、月が登ってくるタイミング(月の出)なのです。

月の出の時刻は毎日50分ずつ後ろにずれてきます。

 
十五夜ではだいたい夕方の5時過ぎに月は登ってきます。

 

登ってくるタイミングが何でそんなに重要なの???と思うかもしれませんね!!

そんなあなたは、幸せなことですが、かなり現代病に侵されてしまっているかもしれません^^;

日本では太陰暦全盛期の頃、殆どの家に夜の明かりはありませんでした。

ということは…、太陽が沈むと真っ暗なんです。

もう、寝るっきゃないですね^^;

ある意味、星と月くらいしか夜に見えるものってないんです。

 
満月あたりの月は太陽が沈む頃にちょうど現れるんです。

ということは、50分ずつ月の出がズレてくるのは、それはそれで、イベントになりますよね。

なので、十五夜の時よりも50分遅れて出てくるのを、ためらっている(ちゅうちょしている)と人間っぽく表現して、

「いざよう」と表現したことから、そういう呼び名になっているんです。

 

十六夜の意味は何?他にもあるの?

というわけで、十六夜の意味は十六日目の月で、満月よりも50分遅れて登ってくる月ですね。

なお、「いざよい」だけでなく、20日までは月の出の関係で、毎日名前がついているんです。

ちなみに

17日目…立待月(たちまちづき):立って待ってられるくらいの遅れの月という意味

18日目…居待月(いまちづき):とても立っていられない。居間で座って待ってという意味。

19日目…寝待月 (ねまちづき):真っ暗の中、座っているどころじゃない…寝て待ってという意味

20日目…更待月 (ふけまちづき):夜がふけるくらい待たないと見れないという意味。この時点で夜の10時過ぎです。

というわけで、月の満ち欠け以外にも、登場時間によって名前がついていたんですね。

ま、でも、真っ暗じゃさすがに暇だし…見えるものに意識が行くんでしょうね!


スポンサーリンク

月待ちとは何?

ま、夜は長いので、そうやって、その月が登ってくるのを楽しみに待って、楽しい夜更かしをするイベントが当時は合ったのです。

それが、月待ちです。

供物を備えて月があがると、拝んで、真っ暗の中、飲食を共にする。

毎日ではないですが、その地方によって、さまざまな日に開催されていました。

三日月のときや26日夜(三日月の逆さま)の日も大人気だったとか…

さすがに26日夜になると、ほぼ徹夜ですね(体力ある~!!)

なんとも、楽しそうな行事ですね。

逆に、日の出を待って夜明かしをするイベントもあったそうです。

その名前は日待ちと呼ばれていました。

まとめ

十六夜こといざよいの意味について、由来や意味について説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

太陰暦の時は、このように月がホント夜の主役だったんですね。

太陽暦になって、ちょっと寂しい気もしますが^^;

たまには旧暦カレンダーでチェックして、十六夜を見ても面白いかもしれませんね。

でも、今の人は十六夜の登る時間帯は忙しいから、まだ残業中ですかね…^^;

スポンサーリンク

失礼しました。

-時季の話題
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひたちなか海浜公園で雨のネモフィラは?お弁当は食べれる?カメラの雨除けは?

スポンサーリンク スポンサーリンク ひたちなか海浜公園にネモフィラを見に行こうと思ったけど、天気予報はあいにくの雨模様。 かと言って、今年はもういけないし、雨の日のネモフィラってどうなのでしょうか? …

続きを読む

GWのデートで茨城のおススメは?ランチはやっぱ海鮮丼?周辺の観光は?

GWのドライブデートを日帰りで。 茨城方面のおススメスポットについて、まとめてみました。 のんびりと散歩して、その土地ならではの美味しいものを食べれるスポットについてまとめました。 茨城方面でデートス …

続きを読む

浴衣の着方はどうすればいい?花火大会や七夕に着ていきたい!!

スポンサーリンク 夏のイベントには浴衣がつきものですね!! 七夕祭りや花火大会、盆踊りなど、最初に浴衣をイメージされる方は多いと思います。 でも、洋服がメインの今、着物を着る機会はほとんどありません。 …

続きを読む

節分にイワシを食べて、ヒイラギと飾る理由は?鬼門の方向はどこ?

スポンサーリンク 節分と言えば豆まき、恵方巻とありますが、柊鰯(読み方:ひいらぎいわし)はご存知ですか? 柊鰯とはどんなものなのか?由来や意味についてまとめました。 スポンサーリンク 聞いたことはある …

続きを読む

紅葉の修善寺のおすすめスポットは?ライトアップが凄い!温泉場近辺のスポット紹介

東京から電車で2時間程度で行けるので、 都内から気軽にお出かけするのにちょうどいい場所。伊豆修善寺。 伊豆で紅葉??と思われる方もいるかもしれませんが、 伊豆の小京都とよばれる竹林の小径や、修禅寺、修 …

続きを読む

こんにちは。とむと申します。
東京都に住む40代の男性です。
趣味だらけの生活を生かして、ためになりそうな話題についてブログを書いています。
サルサ歴ほぼ20年!一応ダンサーです^^;
詳しいプロフィールはコチラ
電気・IT系の情報はコチラ!!
★自炊最高☆彡
料理のことではないです^^
あなたはどっち?
OR